講習会内容


クリニカルリーズニング、機能解剖学、触診(触察)法、各部位に対する徒手的機能診断と治療、機能的トレーニングについて座学と実技を合わせて実施致します。

 

本コース(全8回)

 ・Upper Quarter(頸部、肩、肘、手)

 ・Lower Quarter(腰部、股、膝、足)

 

応用コース

 ・頭痛とめまいに対する徒手的機能診断と治療

 ・顎関節症に対する徒手的機能診断と治療

 ・側弯症に対する徒手的機能診断と治療

 

触診コース

 ・触診講習会(上肢編)

 ・触診講習会(下肢編)

 

触診会

 ・継続的な触診技術向上の場として開催

◯クリニカルリーズニング

根拠のある機能診断・治療を行うため系統的な知識と根拠に基づいた仮説の立案、評価手順を身につけます。

 

○Body Chart

○Irritability

○Movement diagram

○PPIVMs

○PAIVMs

◯機能解剖学

マニュアルセラピー実践のために必要な機能解剖学の知識を学びます。

 

◯Kapandji

◯Kinesiology

 

◯触察法(触診法)

触察法の基礎、応用を学びます。

組織を皮膚の上からペンでなぞり(トレース)触察練習を行います。

触察技術の向上が機能診断能力、治療手技の実践能力を高めます。

 

◯Static Palpation

◯Motion Palpation

◯Layer Palpation

◯障害組織に合わせた適切な治療手技の選択と実践

障害組織(筋膜、筋、靭帯、関節、神経等)に合わせた治療手技の選択と実践能力を高めます。

講習会では少人数制で実技練習時間を長くとるため、より実践的な技術の取得ができます。

 

主な治療手技

◯関節モビライゼーション

◯筋膜リリース

◯軟部組織モビライゼーション

◯神経系モビライゼーション

◯神経筋テクニック(NMT)

◯Mckenzie法

◯マイオチューニングアプローチ

◯ストレイン・カウンターストレイン

◯MSIアプローチ

◯ヤンダアプローチ



・講習会を受けられた方には会員専用ページを閲覧できるパスワードをお伝えしております。

会員専用ページでは講義内容の予習、復習にご活用いただける資料を随時アップロードしていきます。

 

本コース(全8回)を修了した方は以下が適用となります。

 

・修了証の発行

・2回目以降の受講が無料

・希望者はホームページ上に所属、氏名を掲載

・希望者はインストラクター養成コースへ→インストラクター名簿