MSIアプローチ関連

◯2019 Movement System Seminar TOKYO

日程:20193212223日、9:00 ~ 17:00

このセミナーではサーマン先生に講義とデモンストレーションを行っていただきますので、実技の練習はございません。最前列~3列目の方はデモンストレーションが見やすくなっています。教室の後ろの席に座られる場合は、大きなスクリーンを通してデモンストレーションが見れます。

テーマ:腰椎と下肢のMSI症候群

講師:Shirley Sahrmann, PT, PhD, FAPTA

通訳:Maiko Morotani, PT, DPT, OCS(諸谷 万衣子)

会場:CIVI研修センター日本橋N5HALL(〒103-0022東京都中央区日本橋室町4-1-6 クアトロ室町ビル5階)

懇親会:321日(木)17:30 ~ 19:30 CIVI研修センター日本橋N6HALL*

 

*懇親会に参加されたい方は、別途で5000円の参加費が必要となります。

 

詳細は以下をご覧ください。

https://www.nexusmotionpt.com/p/msstokyo

◯ 2019年度 ロサンゼルス講習会

NexusMotion主催 

Movement System Seminar in ロサンゼルス  

〜講習会詳細〜

【内容】

腰椎、股関節、膝関節の症候群

 

【日程】

2019年8月14日(水)~8月17日(土)

   

【講師】

Shirley Sahrmann, PT, PhD, FAPTA

(サーマン教授:MSIアプローチの創始者でワシントン大学名誉教授)

 

【通訳】

諸谷万衣子, PT, DPT, OCS

ワシントン大学を首席で卒業し、

現在はロサンゼルスにある、外来のクリニックでの臨床の傍ら、

ワシントン大学のMSIアプローチフェローシップの臨床講師

日本、ロサンゼルスにてMSI講習会の講師

通訳

など、幅広く活躍中。

 

【申込み】

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeV7z-YQb1BoH7YgDz-G-KMhpB6atzOtC0KUVhAu5BF6HU5qQ/viewform

または、

http://bit.ly/2RDMtOS

 

【場所】

 アメリカ ロサンゼルス

ミヤコハイブリッドホテル

http://www.miyakohybridhotel.com/japanese.aspx

 

【主催】

NexusMotion

◯ MSIアプローチ 千葉開催

【講習会概要】 午前中は前回開催した、腰部・股関節2日間コースの復習会、 午後からは膝関節の症候群について学ぶ1日のコースとなります。 

【日時】2018113日(土)9時~16

【開催場所】 千葉リゾート&スポーツ専門学校

【講師】 小橋 里矢 理学療法士 所属: 医療法人西澤内科医院 通所リハビリテーション,訪問リハビリテーション事業所 大体大浪商高校水泳部トレーナー 2008年,2010年,2014年: ワシントン大学Advanced course修了 アシスタント:3名の予定 

【定員】 36名(先着順) 

【講習費】 13千円(昼食代は含んでおりません) 

【参加要件等】 理学療法士,作業療法士,医師,アスレチックトレーナー,柔道整復師,鍼灸あん摩マッサージ指圧師,CSCS,健康運動指導士などの有資格者 または,基本的な運動学,解剖学,生理学の知識をお持ちの運動指導者,トレーナーや学生等

 【持ち物】 Tシャツ、ハーフパンツなどの動きやすい服装 

【申込方法】 globalconditioning@gmail.com 氏名 資格 所属 PCアドレス 携帯電話 詳細はお申し込み後にお送りします。

 

 主催:Global-Conditioning 事務局

◯ MSIアプローチ(上肢編) 〜姿勢と動作から紐解く痛みの原因〜

日時:平成30106,7日(2日間)

内容:

〔セミナーの目標〕

2日間を通して、MSIアプローチのコンセプトを理解できる。

② 自分の身体の特徴に気付くとともに相手(患者様や利用者様)をどのようにして評価し、痛みの原因をどのようにして見つけていくかを理解できるようになる。

③ 疼痛の原因となる動きが日常生活あるいはスポーツなどの動作にあるのではないかと考え、運動評価した上で、普段の動作が気になり、環境あるいは動作の指導ができるようになる。

④ 理学療法の可能性に気付いててもらい、理学療法って楽しいな!と思ってもらえる。

〈1日目のポイント〉

MSIアプローチのコンセプトを理解し、それぞれの症候群について五感で理解する。

・デモンストレーションにて、評価の流れを把握する。

2日目のポイント〉

・立位、背臥位などの評価の理解、動きの診方について実技にて理解する。

・腹臥位・座位・四つ這い位など評価を学び、治療の流れを理解・実施できる。

 講師:小橋 里矢 先生(西澤内科医院)

 

理学療法士、MSIアプローチ(Introduction courceUpper and Lower QuarterAdvanced ApplicationUpper Advanced Application受講MPP協会認定メンタルコーチスペシャリスト、日本コアコンディショニング協会ベーシックインストラクター

 

お申し込み・詳細→お申し込み